プレミアリーグ第7節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでのアーセナル戦に0-1で敗れた。

試合後、元ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーンは『Sky Sports』の放送でこう述べていた。

ロイ・キーン

「この数試合のパフォーマンスを見た人々はユナイテッドが窮地を脱したと考えていた。

だが、私はそれに決して騙されなかったね…。ユナイテッドにはエネルギーも熱意もなかった」

「試合前の我々は(ユナイテッドが)アグレッシブになり、クオリティを見せつけることを話していた。

だが、どこにそれがあった?クオリティがどこにあった?」

「マーカス・ラッシュフォードのボディランゲージはショッキングだった。

上手くいなかった時に肩をすくめるのか?

マンチェスター・ユナイテッドでプレーしているなら気合いを入れろ。

上手くいかない時はリーダーのことを見る時だ。

(ユナイテッドには)リーダーがいなかった。チーム全体にも、経験ある選手たちのなかにも」

アーセナルの決勝点はピエール・オーバメヤングが決めたPK。後半24分にポール・ポグバがエクトル・ベジェリンを倒したプレーがPKと判定され、それが決勝ゴールになった(以下動画3分30秒~)。

確かに足を踏むような形に…。

このシーンについてポグバは「少し彼に触れた気がした。ボックス内だと分かっていたので、あんなPKは与えるべきじゃなかった。少し息切れしていたので、馬鹿なミスをしたのかもしれない」と述べていた。