各地で予定されているインターナショナルマッチ。韓国代表は日本と同じくオーストリアに遠征しており、今年初となる代表戦を戦う予定だ。

そうしたなか、『韓国経済新聞』などはチーム内で新型コロナウイルスの感染が確認されたと伝えた。

感染が確認されたのは、チョ・ヒョヌ、クォン・チャンフン、ファン・インボム、イ・ドンジュンの4選手とスタッフ1名。

5人とも症状はないものの、選手とスタッフ全員は各自の部屋で自己隔離をしているとのこと。

再検査の結果を確認してから、オーストリア当局の指示のもとでメキシコ代表戦を実施するか否かを決定するという(韓国は14日にメキシコ戦、17日にカタール戦を予定している)。

【関連記事】いつ呼ぶの?欧州でプレーする日本代表「未経験」の6名

韓国では「集団感染」、「感染者が大量に出た」とも報じられている。