欧州各地で行われたUEFAネーションズリーグ。グループA3では王者ポルトガルが2-3でクロアチアを撃破した。

かつてレアル・マドリーでともにプレーしたクリスティアーノ・ロナウドとルカ・モドリッチはピッチ上で再会。ユニフォームを交換した2人が肩を組んでお互いを労うシーンも撮影されている。

この試合で2人にゴールはなかったが、ロナウドは無回転のフリーキックで得点を演出してみせた。

ポルトガルの1点ビハインドだった後半7分に訪れた遠目からのフリーキック。ロナウドが放った無回転シュートは正面に飛んだが、途中から落下するような軌道にGKドミニク・リヴァコヴィッチは対応し切れず。弾いたボールをルーベン・セメドが折り返し、ルーベン・ディアスが押し込み同点ゴールとなった。

最近はカーブ系のフリーキックが多いロナウドだが、無回転の一発もまだ持っているようだ。

なお、ディアスは後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを決めるなど2得点の活躍。代表初ゴールを決めた彼は「代表初ゴールと勝利はすごく嬉しい。僕らはこのコンディションに適応するために全力を尽くしたし、強敵相手に苦しみながらも勝利することができた」と喜んでいた。

ちなみに、モドリッチはこれで代表キャップ数が133に到達。ダリヨ・スルナが持つクロアチア代表史上最多キャップにあと1と迫っている。