ラ・リーガ第10節、ビジャレアル対レアル・マドリー戦は1-1の引き分けに終わった。

日本代表MF久保建英は後半44分から出場。親元クラブ相手にあわやという惜しいシーンもあった。

『Marca』によれば、ウナイ・エメリ監督は久保についてこう評価していたという。

ウナイ・エメリ(ビジャレアル監督)

「今年の久保はビジャレアルの選手だ。私は彼を自分たちの利益のために使っている。

彼の貢献はよかったよ。(決めていれば)センセーショナルだった試合に勝てるチャンスシーンもあった」

指揮官は久保の貢献を評価しつつ、逆転ゴールのチャンスもあったと語っていたそうだ。 実際、久保にはヒーローになれるチャンスがあった(以下動画5分5秒~)。

後半アディショナルタイム、ビジャレアルは久保を起点に自陣内からカウンターを発動。久保はゴール前で決定機を迎えるも、GKティボー・クルトワの飛び出しもあり不発に終わってしまった。

ビジャレアルはミッドウィークにELのマッカビ・テル・アヴィヴ戦を控えている。