マンチェスター・シティとの契約を延長したジョゼップ・グアルディオラ監督だが、今季のシティは歴史的不調に喘いでいる。

直近のトッテナム戦にも2-0で敗れてしまった。『Guardian』によれば、ペップはこんな話をしていたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「全てのチームが深く守る、リヴァプールとチェルシーを除いてね。

それを回避する方法を見つけなけばならない。

今のところは大きな問題ではない。我々には攻撃して、より多くのチャンスを作り出す流動性がある。

自分たちがやらなければいけないこと、チームをどう助けるのかを正確に知る必要がある」

リヴァプールとチェルシー以外のチームは深く守るため、それを打開する策を見つける必要があると述べていたとか。海外のファンたちは「リーズも入るはず」などと反応していたぞ。

【写真】グアルディオラの下で「愛されつつ成功できなかった」7名

なお、シティはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を悲願としているが、ペップは「とりつかれているわけではない」とも口にしていたそう。