今季もマンチェスター・ユナイテッドで厳しい評価を受けているポール・ポグバ。ブルーノ・フェルナンデス加入からしばらくはいいパフォーマンスを見せていたが、このところは新型コロナウイルス感染の影響もあってか輝きが鈍い。

ポグバの代理人を務めているミーノ・ライオラ氏は先日「ユナイテッドでのポグバの時間は終わった。彼を王者のようにプレーさせるための方策を考えるべきだ」と語り、マンチェスター・ユナイテッドを批判した。

そして、マンチェスター・ユナイテッドは火曜日に行われたRBライプツィヒとの試合で3-2と敗れ、チャンピオンズリーグから敗退してしまった。

悪いことが続く中でスールシャール監督にはポグバについての質問が飛んだが…。

オレ・グンナー・スールシャール

「ポグバの代理人はできるだけ早く気づくべきだ。これはチームスポーツであるのだと。私はこのようなことにエネルギーを使いたくない。これ以上ポグバの代理人について話したくはないよ。

君たちもポグバに聞いてみればいい。ここで幸せなのか、不幸せなのか。私は彼に話すつもりはない。

ポグバはチームのためにベストを尽くすことに集中している。彼はトレーニングで激しく努力している。自分のパフォーマンスに集中することだけが必要なんだ。

今、彼の移籍先や、退団するのか残留するのかについて話すような時間ではない」

【動画】この苦々しい顔…スールシャール監督も厳しい時間を過ごしている

このところ不穏な空気が漂っているとはいえ、マンチェスター・ユナイテッドは現在プレミアで6位となかなかの位置につけている。週末にはシティとのダービーマッチに臨むことになるが、そこで勝利できれば一気に雰囲気は変わるはず…。