かつてNBA(バスケットボール)で一時代を築いたスター選手、デニス・ロッドマン。その娘がサッカー界で話題を集めている。

アメリカの女子サッカートップリーグであるNWSLは14日にドラフト会議を行い、今年の新人選手を指名した。

そして、その中で全体2番目にワシントン・スピリットから指名されたのがトリニティ・ロッドマン。あのデニス・ロッドマンの娘に当たる18歳の選手だ。

ワシントン州立大学でプレーしているトリニティは、アメリカU-20代表に飛び級で招集されている有望なストライカー。昨年のCONCACAF U-20選手権でアメリカが優勝した際、大会9ゴールを決める活躍を見せていた。

【動画】母とともに指名を喜ぶトリイティ・ロッドマン

トリニティは昨年ワシントン州立大学に入学し、その学内チームであるワシントンクーガーズでプレーする予定だったが、秋のシーズンが新型コロナの影響で中止されてしまい、ピッチに出ることはできなかった。

そこでトリニティは見通しが不透明な大学リーグではなく、いち早くプロサッカー選手としてのキャリアを始めることを決断したのだ。

18歳で指名されたのはNWSLドラフトの歴史上最年少記録であり、トリニティは「自分の道を開けた。デニス・ロッドマンの娘としてだけではなく、トリニティ・ロッドマンとして知られることに興奮している」と語ったそうだ。

かつてのインタビューによれば、トリニティは少女時代にサッカーとともにバスケットボールをプレーしており、さらにフラッグフットボールもやっていたという。

ただその3つの中で最も情熱を注いだのはサッカーで、10~11歳ごろからプロ選手を目指してトレーニングに励むようになったとのことだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】