3部アルコジャノとのコパ・デル・レイを戦うレアル・マドリーの遠征メンバーからマルティン・ウーデゴールが外れたことが話題になっている。

『Marca』によれば、ウーデゴールはレアルに対して退団を求めたという。

レアルにおけるウーデゴールの状況に劇的な変化があり、センセーショナルに退団を求めたとのこと。

昨季レアル・ソシエダで活躍し、満を持してレアルに戻ってきたウーデゴール。だが、ジネディーヌ・ジダン監督のもとでは満足なプレータイムを得られていない。彼はそのことに不満を抱いており、もはやそれを我慢するつもりもなくなったという。

【写真】レアル・マドリーにいたことを「忘れられた」スター選手たち

ただし、求めているのは完全移籍ではなく、ローン移籍のようだ。

ジダン監督は攻撃的MFが少ないためにウーデゴールの残留を希望しているというが、本当に起用する気があるというよりは、危機的状況に備えた策に見えるとも。