バルセロナで550試合以上に出場してきた元スペイン代表DFジェラール・ピケ。34歳になった彼とバルサとの契約は2024年まである。

クラブ公式によれば、こうような発言をしたという。

ジェラール・ピケ(バルセロナDF)

「僕はバルサで引退する、常に言ってきたようにね。

僕がサッカーをしている理由は自分がバルサを代表しているからだ。他のチームにいる自分は想像できない。

そのモチベーションはない。(そうなったら)事件だろうね」

「(リオネル・メッシについて)

夏の出来事の後、最終的には可能ななかで最善の方法で終結した。レオはバルサに残ったからね。

今の彼はとてもハッピーに見える。彼が僕らにもとにいてくれることは成功の保証になるよ」

【写真】この冬、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち(2020-21編)

バルサを体現する選手のひとりであるピケ。バルサでプレーすることに意味を感じているため、他にチームでプレーする気はないようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら