先日、音声配信サービスの「NowVoice」を通して会見を行い、ポルトガル1部のポルティモネンセ加入を発表した本田圭佑。

ところがその後、手続きがポルトガルの選手登録期限に間に合わず、本田圭佑がプレーする許可が下りなかったことが判明した。

この件についても「NowVoice」で状況を説明した本田圭佑は、プレーできないのにポルトガルにいる意味はないとして新しいクラブを探すことを明らかにしていた。

このニュースに対してツイートを行ったのは北海道コンサドーレ札幌に所属している元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド。彼は以下のようにツイートしている。

ジェイ・ボスロイド

「なぜ彼が海外でプレーし続けるのかがわからない。

日本に戻って、若い選手たちがトッププレーヤーになることを助けてみてはどうだろうか。

Jリーグとあなたの母国の次世代に、これまで培ってきた知識とスキルを引き継ぐことによって!」

【写真】本田も継承!背番号「33」で思い浮かぶ10名のサッカー選手

「Jリーグからはオファーがない」と明かしていた本田圭佑、日本に帰ることは除外していた。しかしジェイは「帰国して後継者を育てる役割を担ってはどうか」と考えているようだ。

このままでは夏まで所属クラブがない状態になる可能性もある本田圭佑。これからどこのクラブへ行くことになるのだろうか。