バルセロナの財政問題を捜査していたカタルーニャ州警察は4人の関係者を逮捕・拘束した。

これは「バルサゲート」スキャンダルに関連するものだとされており、ジョゼップ・バルトメウ前会長も逮捕されたうちのひとりとして伝えられている。

【動画】カタルーニャ州警察がバルサの施設を捜索する様子

そうしたなか、バルサは以下のような公式声明を出した。

バルセロナ

「カタルーニャ州警察が、今朝、ソーシャルメディア監視サービスを契約したという件で、カンプノウに立ち入ったことについて、FCバルセロナは、この調査対象となる事実を明らかにするために、司法当局及び警察当局に全面的な協力を行ないました。

司法警察によって求められた情報及び書類は、厳密にこの件に関連したもののみに限定されています。

FCバルセロナは、現在、進行中の法的手続き及びこの枠組みの中で、影響を受けた人々の無罪の推定の原則に最大限の敬意を表します。」

現地メディアによれば、バルトメウら4人は月曜日には証言をせず、拘置所で一夜を過ごした翌日に裁判官に対して証言をする見込みだそう。

今週末にはバルサの新たな会長選が行われる予定になっている。