レアル・マドリーは13日、「DFセルヒオ・ラモスが新型コロナウイルスの陽性反応を示した」と発表した。

水曜日の夜にチャンピオンズリーグでリヴァプールと対戦する予定となっているレアル・マドリー。もともとセルヒオ・ラモスは怪我で離脱しているが、それに加えてのウイルス感染となり、リハビリがさらに遅れることが予想される。

レアル・マドリーでは同じセンターバックのラファエル・ヴァランも新型コロナウイルスに感染したため離脱している。

またルーカス・バスケスが先日のクラシコで壊れたことから欠場が決定しており、最終ラインの人選が難しくなっている。

『La Sexta』によれば、おそらく右サイドはアルバロ・オドリオソラかフェデリコ・バルベルデが務める可能性が高く、センターをナチョとエデル・ミリタォンに任せるという。

ただ3バックのシステムを使用するという選択肢もあるため、それも除外することはできないと説明されている。またフェルラン・メンディとマルセロを同時起用する5バックという可能性も示唆されているようだ。

【写真】レアル・マドリー、下部組織の「天才タレント」7名

セルヒオ・ラモスは今季怪我に悩まされており、ほとんど出場することができていない。さらにクラブとの契約は今年夏で満了を迎えることから、チームを離れる可能性が高まっている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら