10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝の2ndレグ、マンチェスター・シティ対ボルシア・ドルトムント。

1stレグではマンチェスター・シティが2-1と勝利を収めており、有利な状況でドルトムントの本拠地へと乗り込んだ。

そんな中、やはりと言うべきかマンチェスター・シティの選手たちが宿泊したラディソンブルのホテルで「花火大会」があったそう。

『Daily Mail』によれば、午前2時45分に17名の黄色いギャングがホテルの周辺に現れて花火を開始。

警備員が到着したために一時は止まったものの、4時30分にふたたび12名が現れて花火大会を再開した。

情報筋によれば「たんなる花火大会ではなく、商用の花火であった。振動もすごいもので、ホテルが揺れるほどだった」とのことである。

【写真】サッと見れる!欧州ビッグクラブ「2020-21ホームユニフォーム」まとめ編集公開ページ

なお試合は敵地でもマンチェスター・シティが2-1と勝利を収めており、ドルトムントの勝利の花火とはならなかったようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】