この冬にリヴァプールからサウサンプトンにローン移籍した南野拓実。

そうしたなか、『Lieverpool Echo』は「南野が『決していいことではない』とリヴァプール移籍について告白」という記事を伝えた。それによれば、南野は共同通信に対してこう述べたという。

南野拓実

「僕は今現在と自分が今できることに集中している。

自分はサッカー選手なので、半年後にどこでプレーしているかは分からない。でも、ハイレベルでプレーしたいね。

選手にとって希望するプレータイムを得られないのは決していいことではない。

練習だけで、スタメンに入れないのはいつだって難しいものだ。

プレーするチャンスを得たいという気持ちになる」

「あのチームでチャンスを得るのはとても難しかった。

でも、自分にとっては最初からチャレンジだったので、全くネガティブな考え方ではなかった、トレーニングでもね。

試合でプレーしようとすること、スタメンに割って入ること、その目標達成のために何ができるかを見つけることが大事だった。

広い視野から物事を見るために頭の中で多くのことを考えていた。

でも、決断するまで時間はかからなかった、(リヴァプールに)移籍したいと伝えた。

バッグに最低限のものを詰めて、車に乗って去るみたいな感じだった…。

正直、2度と味わいたくないね。でも、そうだね、いい経験だったかもしれない。

シーズンが終わった時に(一歩下がって二歩進んだと)言えるようにハードワークをするつもりだ。

全く違う。本当に理解するためには試合でプレーしなければいけない。だから、ここに来たんだ。

練習だけで成長できると考えていたなら、リヴァプールを退団しなかったと思う」

デッドラインデーにセインツに電撃的移籍した南野だが、去り方としては2度と体験したくないものだったと吐露していたそう。

【写真】 「リヴァプール移籍を本当に後悔している5人のスター」

なお、南野とリヴァプールとの契約は2024年まである。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】