イタリア・セリエAのユヴェントスは、欧州スーパーリーグのプロジェクトから脱退する方針であることを表明した。

4月19日にヨーロッパの12クラブによって同時に発表された欧州スーパーリーグ構想。レアル・マドリーを中心としたビッグクラブがUEFAチャンピオンズリーグを脱退し、新たなコンペティションを立ち上げるというものだった。

しかしながらそれから2日が経過し、イングランド・プレミアリーグの6クラブが参加の撤回を発表。さらに21日にはアトレティコ・マドリーも取締役会での協議の結果脱退する方針を決定した。

そして今回ユヴェントスもそれに続いて欧州スーパーリーグのプロジェクトから離れるという意思を表明している。

【写真】「タダ獲りの達人」ユヴェントス、フリーで契約したベスト11

まだ手続きは完了していないものの、「このプロジェクトの競技面や商業面、そして法的な前提での健全性を確信しているものの、当初考えられた形で進められる可能性が少ない」として参加を取りやめることを決めたとのことだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】