悲願のプレミアリーグ初優勝を遂げた昨季から一転、現在6位と苦しいシーズンを送っているリヴァプール。CL出場権獲得を目指すなか、サウサンプトンとの第35節には2-0で勝利した。

そうしたなか、アンドリュー・ビーズリー氏の怪我人にまつわるツイートが現地で話題になっている。

それによれば、リヴァプールは昨季までの4シーズンで計213試合を戦ったが、離脱者は最大でも6人だったそう(6人離脱が計7度)。

だが、今季は半数の試合で7人以上の選手を欠いており、この日は離脱者10人の新記録になってしまったというのだ。シーズンの半分で7人以上の離脱者が出ていたのは衝撃的…。

セインツ戦ではクィービーン・ケレハー、フィルヒル・ファンダイク、ジョー・ゴメス、ジョエル・マティプ、オザン・カバク、ベン・デイヴィス、ジョーダン・ヘンダーソン、ナビ・ケイタ、ジェームズ・ミルナー、ディヴォック・オリギが欠場している。

【動画】ついに!ティアゴ、スーパーだったリヴァプールでの初ゴールシーン

6位リヴァプールは残り4試合で4位との勝点差が6ポイント。

『BBC』によれば、ティアゴ・アルカンタラは「(4位入りの)チャンスは少ない。自分たちが置かれた状況に現実的だよ」、ユルゲン・クロップ監督も「不可能ではないが厳しい」と語っていたそう。

4試合の対戦相手はマンチェスター・ユナイテッド、WBA、バーンリー、クリスタル・パレスだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】