スペインのアンダルシア地方でリーグを戦っているヘレス・インダストリアルの会長を務めるペドロ・ガリド氏が、不運な事故で命を落としたという。

ヘレス・インダストリアルは1968年に2部を戦ったこともあるクラブで、ヘレスCDやカディスが近隣地区のライバルである。

しかし2011年に財政破綻のため地域リーグへと降格処分を受け、それからは5部から6部で戦っていた。

その会長を務めていたのがペドロ・ガリド氏であった。しかし『Deportes Cuatro』によれば、彼は今週月曜日に不幸な事故に遭遇したとのこと。

彼がコスタバレナの観光エリアにあるホテルのエレベーターを修理していたところ、何らかの原因で機械が動き出してしまい、体が押しつぶされてしまったという。

その状況については現在調査中であるが、医療サービスが到着したときにはすでに手の施しようがなかったとのこと。

【写真】「私は不滅だ」 ヨハン・クライフ語録

サッカーファミリーの不幸な死にあたり、ヘレスの自治体や同地区のライバルであったカディスやヘレスCD、アンダルシアサッカー協会、他スペインの様々なクラブが追悼のコメントを投稿している。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら