契約満了によってリヴァプールを退団したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム。

ロナルト・クーマン監督が率いるバルセロナへの移籍が噂されていたが、別のビッグクラブが獲得に本腰を入れ始めたようだ。

『Sky』によれば、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンがワイナルドゥムと交渉を行っているとのこと。バイエルンは今季限りでMFハビ・マルティネスが退団している。

【動画】ワイナルドゥム、バルサに見せつけた伝説ボールキープ

一方、バイエルンFWキングスレイ・コマンには気になる動きが。このほど彼は代理人を変更し、ダヴィド・アラバやロベルト・レヴァンドフスキらも担当するピニ・ザハーヴィ氏と契約したとのこと。

コマンは2023年までとなっているバイエルンとの契約延長を断ったばかりで、ザハーヴィ氏は今後数か月であらゆる選択肢を確認するという。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら