各方面からの猛反発を受けて、数日で瓦解した欧州スーパーリーグ構想。

創設12クラブのうち9クラブが脱退したが、残る3クラブにUEFAから懲戒処分が下る見込みだ。

そうしたなか、ラ・リーガのハビエル・テバス会長の発言が話題になっている。『El Golazo de Gol』の番組でこう述べたのだ。

ハビエル・テバス(ラ・リーガ会長)

「UEFAが3クラブに制裁を科すのか否かは分からない。

制裁よりも、UEFAはレアルとバルサをチャンピオンズリーグに登録しないかもしれない。

レアルとバルサなしのCLがありえるか?CLから除外されうる。彼らは恐れるべきだ」

「恐れるべきなのは、レアルとバルサだ。

彼らなしのCLを想像したくはないが、起こりうる」

来季のCLから除外される可能性があると指摘していたのだ。

【動画】レアルvsバルサで勃発!ラモスvsメッシの因縁バトルシーン

なお、UEFAからの3クラブへの懲戒処分は早ければ今週中にも発表される。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら