イタリアに敗れてEURO2020で準優勝に終わったイングランド代表。

PK戦で失敗した3選手に対する人種差別的な投稿が問題になっている。そうしたなか、ジョゼ・モウリーニョ監督は『talkSPORT』でこう指摘していたそう。

ジョゼ・モウリーニョ(ローマ監督)

「(19歳の)ブカヨ・サカは国の運命を背負っていた。子供に全てを背負わせるのはやりすぎだ。

ただ、その問いをギャレス(サウスゲイト監督)にすべきか否かは分からない。そこにいるべき選手がいないことが多いからだ。

そこにいるべき(PKを蹴るべき)選手たちがその責任から逃げる。

ギャレスはとても正直な男だし、かばってくれる監督なので、あの選手は逃げたとか、あの選手は準備できていなかったなどと言うとは思えない。

今回のケースは分からないが、素晴らしいPKキッカーであるか否かは重要ではないと思う。

あの状況でラヒーム・スターリングはどこにいた?ジョン・ストーンズは?ルーク・ショウは?

(PK戦前に交代で下がった)ジョーダン・ヘンダーソンやカイル・ウォーカーはなぜピッチに残らなかったのか。

投入されたばかりのマーカス・ラッシュフォードやジェイドン・サンチョがファーストタッチでPKを蹴るのは非常に難しい。それが現実だ」

19歳のサカに全てを背負わせるのは酷であり、PK戦直前で投入されたラッシュフォードとサンチョにとっても難しかったと擁護していたようだ。

そのうえで、蹴るべき選手が蹴らなかった点、ベテランを交代させてしまった点を指摘していたようだ。

【動画】19歳で5人目を蹴る勇気…サカ、無念だったPK失敗シーン

イングランドはハリー・ケイン、ハリー・マグワイア、ラッシュフォード、サンチョ、サカの順でPKを蹴ったが、サウスゲイト監督は全て自分が決めたと説明している。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら