ユリアン・ナーゲルスマン新監督のもとでプレシーズンを進めているバイエルン・ミュンヘン。

アヤックスとのフレンドリーマッチは2-2の引き分けだったが、若手FWジョシュア・ツィルクツェーの仰天シーンが話題になっている。それがこちら。

深いフェイントでGKを抜き去り、がら空きのゴールにボールを流し込むだけ…だったのだが、まさかのゴールならず。

あまりにも余裕を持ち過ぎたために、相手DFペール・スフールスに間一髪でクリアされてしまったのだ。これには本人も味方も唖然茫然…。

プレシーズンマッチながら最後まで諦めなかったスフールスを誉めるべきかも?ちなみに、パルマへのローンから戻ってきたツィルクツェーは20歳の大型アタッカーだ。

【動画】レヴァンドフスキも歓喜!香川真司、バイエルンを絶望させた英雄ゴール

試合後、ナーゲルスマン監督は「(後半17分で)10人を交代させたが、あの子たちはとてもよかった。勇敢だったし、ボールプレーもよかった。起用できるスカッドを考えれば、全体的には全く問題ない」などと述べていた。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら