先日行われた東京五輪でメキシコ、南アフリカ、そして日本と対戦したフランス代表。

【動画】久保建英!酒井宏樹!三好康児!前田大然!4発勝利の日本代表

クラブに多くの選手の招集を拒否されてしまったこともあり、満足なチームを組むことができなかったとはいえ、グループステージ敗退に終わったことでかなり批判を受けている。

『L’Equipe』によれば、フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長はオリンピックでの戦いについて以下のように話しているという。

ノエル・ル・グラエ

「(東京五輪での哀れな敗退について)

残念ながら、彼らはやるべきことをやった。このような状況下で選手もスタッフもベストを尽くしたと思う。

メキシコ戦と日本戦、2つのネガティブな試合があった。しかしこの敗北は選手たちの価値を表しているものではない。

チームは準備ができていなかった。中には合流の数時間前にようやくオリンピック出場が決まった選手もいるのだ。

そのような様子を見て、どんなチームでも仕方がないと思った。このような条件の中でありのままのグループを送ることを優先した。

辞退する選択肢もあったからこそ、このチームを責めることはできない。リポル監督は短時間でチームをまとめることに苦労した。

(スペインや他の国が最高のチームを送り込んでいるのに、フランスのサッカーにとって悪いイメージを与えているのでは)

ドイツもグループステージで敗退した。他の国もベストメンバーの派遣をためらっていた。欧州のレベルではクラブとの問題がある。すべての権利を持っているのはクラブだ。FIFAの公式マッチデーではないからだ。

9月以降、FIFAに提案していく。インファンティーノ会長とも会う。オリンピックのようなイベントでこんな運営をすることは不可能だ。

特に次回はパリで開催される。我々のチームが存在しなければならない。オリンピックが早くFIFAのイベントとして認められることが不可欠だ」
冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら