11月30日から開幕する「FIFAアラブカップ」。

この大会はアラブ地域の23カ国が参加し、予選を勝ち抜いた16チームがタイトルを巡って争うもの。

コンフェデレーションズカップが廃止されたため、今回はこのアラブカップが2022年11月から開催される予定となっているワールドカップのリハーサル大会としてカタールで行われるのだ。

本戦に出場するのはカタール、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、エジプト、サウジアラビア、イラク、UAE、シリア、スーダン、オマーン、ヨルダン、モーリタニア、レバノン、パレスチナ、バーレーン。

この大会で大きな話題を集めているのが、「オフサイド自動判定システム」が初めて試験導入されることだ。

すでにドイツやスペイン、イギリスでテストされてきたが、実際に判定に利用される形で使われるのは初めて。

『L'Equipe』によれば、そのシステムは以下のようになっているという。

【動画】VARのジャッジを助ける「オフサイド自動判定システム」

  • 各スタジアムの屋根の下に10~12のカメラを設置、ボールと選手の位置を自動で追う
  • 収集されるデータはリアルタイムでVARに送られるが、最終決定は主審にある
  • ゴールラインテクノロジーとは違い、完全自動化ではなくあくまでVARの映像分析を経ての判定となる

なお、このシステムは2022年1月末から開幕のクラブワールドカップでもテストされる予定となっており、本番に向けて運用管理がブラッシュアップされていく。

FIFAの発表では「セミオートマチック」とも書かれており、全てをファクトとして判定することはまだ不可能であるようだ。