Jリーグ最終節の横浜F・マリノス対川崎フロンターレの試合は、1-1の引き分けで終了した。

得点王を争っているレアンドロ・ダミアンと前田大然が直接対決という面白い試合。67分、そして74分に両者が1ゴールずつ決めるという結果となり、互いに譲らないままタイトルを分け合うことになった。

【動画】レアンドロ・ダミアン、家長昭博の優しすぎるクロスから叩きつけヘッド!

試合後、記者会見に出席したレアンドロ・ダミアンは以下のように話し、前田選手とともにタイトルを獲得できたことが嬉しいと語った。

レアンドロ・ダミアン

「得点王という形で終わることができて、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。

キャンプからずっと激しいトレーニングを積み重ねてきたからこそこの結果を出せたのではないかと思います。

ただ、まだ今シーズンは終わっていないので、もっとこれからいろいろなものを勝ち取っていきたいと思います。

単独の得点王については、そんなに意識するところではありません。日頃から言っているとおり、チームの勝利、チームの優勝が一番自分にとって大事なことです。

得点王になれたことは嬉しく思いますし、前田選手も今シーズン本当に素晴らしい試合をしていました。

彼もタイトルに値する選手だと思っていましたので、彼と一緒に得点王になれたことも嬉しく思っています」
アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら