リオネル・メッシらを放出した影響もあり、カンテラ上がりの若手選手を多く起用しているバルセロナ。

そうしたなか、微妙な立場に置かれているのが、22歳のMFリキ・プーチだ。

カンテラ時代から天才として期待されていたが、ロナルト・クーマン監督からは重用されず。ただ、チャビ監督体制になっても、状況はほぼ変わっていない。

『SPORT』によれば、プーチはチャビ監督のもとでもMF陣のなかで序列は一番下だという。

先日のマジョルカ戦にはフル出場したものの、今季は全コンペティションで355分しかプレーしていない。すでに10代のガビやニコに追い抜かれてしまっている。

【動画】安部裕葵と仲良し!天才プーチのマジカルゴール

現状に変化があるように思えないため、残り2週間ほどになった移籍市場で動きがあるかもしれないようだ。