現在浦和レッズに所属している日本代表DF酒井宏樹に対し、フランス・リーグアンのモンペリエが関心を抱いているようだ。

『L'Equipe』によれば、モンペリエは現在サイドバックの人材不足に苦しんでいるとのこと。

ミハイロ・リスティッチとジュニオール・サンビア、アンブロワーズ・オヨンゴとサイドバックが3名退団してしまう可能性が高く、補強が急務になっているそう。

その最優先候補はサンテティエンヌでプレーしているDFファライ・サコであるとのことだが、トリノとの競合になっているために代替案も準備しているという。

それが元コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ、そして日本代表DF酒井宏樹の2名であるそうだ。

【動画】マルセイユ時代、トゥールーズ相手にびっくりなボレーを決めた酒井宏樹

今季は20チーム中13位という結果に終わり、シーズン61失点を喫するなど守備面で苦戦したモンペリエ。最終ラインの複数ポジションをこなせる選手を理想としているようだが…。