来たる2022-23シーズンを前に代表戦を戦ったスター選手たちは束の間のオフを満喫している。

イビサ島には有名選手たちが多く滞在しているが、PSGのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが空き巣被害に遭っていたようだ。

『Diario de Ibiza』によれば、ヴェッラッティは元ブラジル代表FWロナウドが所有する別荘に滞在していた際に金品などを盗まれたという。現金や宝石類など被害額は300万ユーロ(4.3億円)ほどになるとか。

事件当時の別荘には誰もいなかったというが、いくつかある玄関が強行侵入された形跡もないという。すでに被害届が出されており、当局による捜査が進められているそう。

【関連】出場を逃した強豪の「W杯で着たかもしれない」ユニフォーム10選

なお、PSGは来月に来日し、Jリーグの3クラブと戦う予定だ。