日本代表はE-1選手権の第2戦で中国と激突するも、スコアレスドローに終わった。

今大会の中国は2人を除きU-23選手で構成されており、日本戦での大会は不可避だと現地でも伝えられていた。日本はその中国相手に何度もゴールに迫ったが、最後までネットを揺らせず。

【動画】帰ってきた宮市亮、中国をビビらせた突進シーン

一方、韓国は中国と香港に連勝を飾り、優勝に王手をかけた。韓国メディアの『StarNews』では、日本対中国戦をこのように伝えている。

「0-0となった試合で両チームは最悪の決定力を見せつけ、失望する試合に終わった」

「ラフタックルに肘打ち…格闘技を彷彿とさせた日中戦。

韓国戦で物議を醸した中国のラフプレーはこの日も変わらなかった。

森島司へのラフタックルは重傷になる可能性さえあった。強く衝突された宮市亮が倒れ込む場面も。

日本も退かなかった。佐々木翔が空中戦で相手にエルボーを見舞い、中谷進之介も相手をブロックしながら足を高く上げた。

格闘技を彷彿とさせるやり合いが続いた」

注目の日韓戦は27日(水)に豊田スタジアムで行われる。