マンチェスター・シティはボーンマスに4-0で勝利して、プレミアリーグ開幕2連勝を飾った。

先発したアーリング・ハーランドにゴールはなかったが、前半19分にイルカイ・ギュンドアンの先制点を見事にアシストしている。彼は74分までプレーしたが、そのパス数が話題になっている。

『Statman Dave』によれば、ハーランドがこの試合で通したパスはわずか2本だったそう(そのうち1本がアシスト)。

これはジョゼップ・グアルディオラ監督体制のシティで先発出場した選手が1試合で記録した最も少ないパス成功数だとか。

【動画】デブライネも完璧と評価!ハーランドの絶品アシストシーン

ただ、ケヴィン・デブライネは「彼は全体的にはいいプレーをしたと思うよ。ドイツではこんなに守備がタイトな試合をそれほどプレーしていないと思うので、適応しなければいけないものではあるけどね。彼はGundo〈ギュンドアン)を完璧に見つけたよ」とハーランドのプレーを評価していた。