昨季6位と低迷したマンチェスター・ユナイテッドはエリック・テンハフ新監督のもとで新たなスタートを切った。

だが、ブライトンとのプレミアリーグ開幕戦に1-2で敗れたのに続き、ブレントフォードとの第2節には0-4で惨敗。

まさかの開幕2連敗となると、暫定ながら屈辱の最下位に転落した。

Optaによれば、ユナイテッドがプレミアリーグで最下位になるのは1992年8月21日以来のことだそう(1992年はプレミア発足1年目)。

今季はプレミアリーグ30周年となるシーズンだが、創設シーズン以来となる屈辱となってしまった。

エリック・テンハフ(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「難しかった。こんな風に試合がスタートした(開始10分でデヘアのミスから失点)のは驚きだった。

35分間で4失点。チームは責任を負わなければいけない。ファンには本当に申し訳ない。

彼らは我々をサポートするために全てを尽くしてくれたが、我々は彼らを失望させてしまった。

ピッチ上ではチームとして、個人として、責任を持たなければいけないが、我々はそれができていなかった。

私が彼らに求めたのは、信念を持ってプレーし、パフォーマンスに責任を持つこと。我々はそれに取り組まなければいけない。

監督にも責任がある。大きな責任があるし、それを受け止めて、取り組んでいく。説明するのは私の責任だ。

本当にひどいパフォーマンスだったのは明らか。ああいうミスをすれば、試合に勝てるはずがない。

ピッチ上で責任を負うのが重要であり、我々のレベルであんなミスを犯すことは許されない」

ESPNによれば、ユナイテッドの監督が最初のリーグ戦2試合に敗れるのは100年間で初の事態だそう。

【動画】これは言い訳できない…戦犯デヘア、痛恨のミス失点シーン

ユナイテッドは次節でリヴァプールと対戦するが、最悪の状態でナショナルダービーに臨むことになってしまった。