日曜日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー対トッテナム。トーマス・トゥヘル監督とアントニオ・コンテ監督がともに退場した場面が大きな話題になった。

【動画】激しい戦いとなったロンドンダービー、両監督が退場となった。

『BBC』などによれば、この試合ではもう一つ問題が起こっていたようだ。

後半にトッテナムがコーナーキックを奪ったとき、スタンドに詰めかけていたチェルシーのファンからソン・フンミンに人種差別的なジェスチャーがされていたとのこと。

それについては試合後に報告があり、現在チェルシーはその行動があったのかどうかを調査している状況だという。

ソン・フンミンは2019年にウェストハムのサポーターから人種差別的な暴言を受けた経験を持っており、昨年にもマンチェスター・ユナイテッドのファンからSNSでの虐待行為を受けたこともある。