プレミアリーグ第2節、チェルシー対トッテナムのダービーがスタンフォード・ブリッジで行われた。

物議を醸す判定が散見された一戦では、両チームの指揮官もヒートアップ。

トーマス・トゥヘル監督とアントニオ・コンテ監督は、試合中と2-2の引き分けたとなった試合終了直後にも掴み合いに発展しかけた。

こんなシーンは見たことがない…。

【関連】モウリーニョ監督に「公然と批判されたことがある」弟子10名

試合後、トゥヘル監督は「握手をする時はお互いの目を見るものだ。アントニオは違った。(それでも)恨みはない。お互いにフェアなタックルをした感じだ。我々は侮辱し合ったわけでも、殴り合ったわけでもない。チームのために戦ったので、恨みは全くない。2人ともレッドカードを提示されたのには驚いた。ライバル同士であり、悪いことは何も起きなかった」とコメント。

一方、コンテ監督は「(トゥヘルとの)状況についてコメントしたくない。最も大事なことではない。問題があるとすれば、それは私と彼の間のことだ」と述べるに留まった。