先日大きな話題になってしまったパリ・サンジェルマンの「ペナルティ・ゲート事件」。

中心選手であるネイマールとキリアン・エムバペがペナルティキックの担当を巡って対立し、緊張状態になってしまったとのことだ。

『L'Equipe』の報道によれば、その仲違いを仲介した選手の一人がリオネル・メッシであったという。

メッシはパリ・サンジェルマンでは非常に控えめな態度を示しており、ドレッシングルームでも彼の声が聞こえることはめったにないという。

自分の力が強くなることを好んでおらず、自分の意見を伝えたり、考えを押し付けないように気をつけて過ごしているとのこと。

ただ、エムバペとネイマールがトラブルになってしまった際にはいわゆる「調停者」となり、緊張感を和らげようと尽力していたそうだ。

【写真】2005年、メッシの「代表デビュー戦」。その時のスタメン覚えてる?

メッシは今季9試合でプレーし4ゴール7アシストと結果を残しており、昨季よりもいい調子でスタートしている。クラブの中での過ごし方が定着してきたことがいい影響を与えているのだろうか。