マジョルカ戦で見せたダンスセレブレーションが物議を醸したレアル・マドリーFWヴィニシウス・ジュニオール。

猿呼ばわりされるなど人種差別的侮辱を受けたが、本人はダンスを止めるつもりはないと宣言している。

そうしたなか、マジョルカのキャプテンであるアントニオ・ライージョの発言が話題になっている。

『El Diario de Mallorca』で、「ヴィニシウスはダンスしてもいいが、相手を侮辱したり、けなしたりしてはいけない。彼は挑発的だと言われると、人種差別というジョーカーを使う」などと苦言を呈したのだ。

【関連】Jリーガーもいる…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

ブラジルメディアがこの発言を伝えると、ネイマールもSNS上で反応。

「ライージョって誰なんだよ?」と泣き笑いの絵文字をつけて返信しており、あらためてヴィニシウスを支持していた。