サンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコ。

宿敵である両クラブでプレーした選手のひとりが、元ポルトガル代表ルイス・フィーゴだ。

彼はレアルで5年プレーした後、2005年にインテルに移籍した。ただ、リヴァプールに行く可能性もあったようだ。『Guardian』でこんな話を明かした。

「(リヴァプールに)行きたかったね。かなり話し合ったよ。

ある週に『いや、待て、今すぐには無理だ』と言われた後、彼らは別の選手と契約した。

さらに、『数日待ってくれ。まずはこれを解決する必要がある』と言われたが、彼らはまた別の選手と契約した。

『クソが、喧嘩売ってんのか』って思ったね。

そこにインテルが現われ、ミラノでモラッティ会長と会って決断した。

インテルが大好きだったし、まさに自分が必要としていたものだった」

当初はリヴァプールに移籍するつもりだったが、相手の態度に嫌気が差したところにインテルがやってきたそう。

【関連】「リヴァプール移籍が幻に消えた8人の大物スター」

当時のリヴァプールはマルク・ゴンサレス、ピーター・クラウチ、バウデウィン・ゼンデンらを獲得している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら