日本代表は11月1日、他国に先駆けてワールドカップ・カタール大会のメンバーを発表する。

長引くコロナ禍ということもあり、今大会は登録メンバーが従来の23名から26名に拡大されている。これにより様々な思惑を持った3選手を選ぶことも可能となった。

報道では「今回のサプライズはない」と伝えられるが、それではあまりにも夢がない!ということで「26番目に選んでほしい選手たち」を選んでみた。

松木 玖生

松木玖生

所属クラブ:FC東京
理由:若い

日本サッカー界は技術至上主義に陥りがちであるが、世界のサッカーは血に飢えた漢たちがぶつかりあうピッチ上の格闘技である。

青森山田で全国制覇を成し遂げたこの“スーパー高校生”は10代とは思えないフィジカルを持ち、勝利に対して恐るべき執着心を持つ。

ビッグマウスは、あえて口にすることで自身を追い込む本田圭佑を意識してのもの。FC東京のアルベル監督も「欧州で戦う強いメンタリティーを備えている」と絶賛する。

政治の世界では、未来の君主に帝王学を学ばせる。将来の日本代表を担うべき若手にこの大舞台の空気を吸わせることも大事であろう。