23日に行われたワールドカップのグループステージ第1節でコスタリカを7-0で粉砕したスペイン代表。

【動画】圧倒的な強さでコスタリカを粉砕したスペイン

優勝候補は決勝トーナメントに入ってから調子を上げていくことが多いものだが、スペインはいきなりトップギアで大会に臨んできた。

そのチームを率いているのはご存知ルイス・エンリケ監督。『Besoccer』によれば、マルコ・アセンシオは指揮官について以下のように話していたという。

マルコ・アセンシオ

「昨日の試合が再確認させてくれたよ。この道を歩み続け、そしてこのようなプレーを続けなければならないことをね。

今後のことに対する大きな自信を与えてくれた。このまま続けていきたいと思っているよ。

ただ自信過剰になることはない。それはルイス・エンリケ監督が許可してくれないからね。

初日から監督は僕に『様々なポジションでプレーできるだろう』と言ったんだ。9番は常に正しい場所にいなければならない場所だし、自分のスペースを確保しなければならない。

チームの一員としてプレーするのだから、それぞれの場所を守るように周りの選手と調整しているよ。

ルイス・エンリケ監督は素晴らしい。選手としての経験があり、それを選手に伝える方法をよく知っている。

我々は彼が言うことをとても気に入っているんだ。我々を納得させてくれる。それが我々を同じ方向に漕ぎ出させてくれるし、全員がベストを尽くせる状況がある」