ワールドカップ2022のグループステージ第1節でアルゼンチン代表を相手に勝利を収めたサウジアラビア代表チーム。

歴史的な結果を残したこともあり、世界の各メディアで「サウジアラビアの選手たちは、皇太子ムハンマド・ビン・サルマンからロールスロイスを贈られた」と伝えられ、大きな話題になっていた。

ただ『autoesporte』によれば、土曜日の記者会見においてサウジアラビアのFWサラー・アル・シーフリやエルヴェ・ルナール監督がその質問に対して「その事実はない」と答えたようだ。

サラー・アル・シーフリ

「(車は何色を選んだ?)その話は事実じゃないよ。僕たちは国のために戦い、全力を尽くすためにここにいるんだ。それこそが僕たちの賞になるよ」
エルヴェ・ルナール

「我々は非常に真剣に取り組んでいる。そしてまだ今は何か確固たるものがあるわけではないんだ。勝ったのはまだ1試合だけなのだから。

まだまだ重要な試合に臨まなければいけない。そのコメントにはなんにも真実が含まれていないよ」

【動画】車プレゼントの噂を否定するサウジアラビア

なお、サウジアラビアは26日にポーランドとの試合を行い、0-2で敗れた。このあと30日にメキシコとの試合を行い、勝利できれば決勝トーナメント進出を自力で手にすることができる。