1日、カタールワールドカップのグループF第3節で、クロアチアとベルギーが対戦した。

ここまで1勝1分のクロアチアは、引き分け以上でラウンド16進出が決定。一方、モロッコにまさかの敗戦を喫したベルギーは勝利しなければグループステージ突破が見えてきづらい状況だった。

開始早々、クロアチアはイヴァン・ペリシッチが惜しいミドルシュート。4-3-2-1のシステムを採用したベルギーはボールの回りがあまり良くなく、基本的にはクロアチアがボールを持ってチャンスをうかがい、ベルギーは奪ってからのカウンターを狙う図式となった。

14分、ベルギー得意の高速カウンターが炸裂。ケヴィン・デ・ブライネのラストパスからドリース・メルテンスが放ったシュートはしかし右上に外れた。直後、今度はクロアチアがセットプレーからPKを獲得するも、これはVARの結果オフサイドと判定された。

後半からベルギーはメルテンスに代えてロメル・ルカクを投入。前線に力強さを得たことでクロアチアゴールに迫る場面が増え、試合自体もオープンな展開となった。

ベルギーは名手ティボー・クルトワのビッグセーブで失点を防ぎつつ、たびたび決定機を迎えるが、ルカクが決められない。負傷明けのためやはり試合勘がないのか、自身なさげな表情ばかりが目立った。

【関連記事】ベルギー代表の「歴史上最高ベストイレブン」

結局スコアは最後まで動かず、0-0で終了。クロアチアがグループ2位でラウンド16へ進出し、FIFAランキング2位のベルギーはまさかのグループステージ敗退となった。