先日終了したFIFAワールドカップ・カタール2022。日本代表チームは厳しいグループの中でドイツ、スペインに勝利する結果を残し、ラウンド16進出に成功した。

その中心的な存在となった谷口彰悟、権田修一、そして田中碧の3名がフジテレビ『ボクらの時代」に出演した。

そして、開幕戦となったドイツでの試合で逆転ゴールを決めた浅野拓磨のシュートの場面を振り返って…。

田中「1-1はOKだったからね」

谷口「1-1になった時点で『でかい!』と。もうこれで終わらせるぞ、くらいの勢いだった。そうしたら点取っちゃうから」

田中「入る予兆なく入ったから、ベンチの選手も立ってない。だから喜び遅れるというね」

権田「拓磨はすごいよ。ドイツ戦に賭けていた。全部シュートまでいってたよね」

田中「文句言おうかと思ったもん。逆サイドで走ってるのに全部自分で行くから、頼むから!と思っていたけど、でもシュートを打つのはいいことだからね」

権田「あいつは4年前は直前でメンバー落ちしているからね。サポートメンバーで帯同するという立場だった。この4年間で色々なチームに行って頑張って、賭けていたなというのをすごく感じた。

苦しんできた選手が結果を出すというのは嬉しかったけど、なんで点取ったあとに多少スカしてたのかなと」

田中「これ(控えめなジャガーポーズ)くらいだったもんね」

【関連記事】悔しさか栄転か…ワールドカップ「直後」に海外移籍した日本人11名

持ち前のジャガーポーズがかなり控えめだったことが気になっていたようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら