元日本代表FW岡崎慎司が理事を務めるクラブ「FC BASARA HYOGO」が、スペイン2部を戦うウエスカと協力協定を結んだ。

岡崎慎司が理事を務める「一般社団法人Meister」が経営する「FC BASARA HYOGO」。

今年関西サッカーリーグ1部に昇格した「FC EASY02明石」を買収してトップチームが創設されたことで話題になった。

トップチームの活動だけではなくサッカースクールやアカデミー、そしてドイツ6部の「FC BASARA MAINZ」などの活動も行っており、今後の飛躍が期待されているチームだ。

そして今回、そのFC BASARA HYOGOがスペイン2部のウエスカと協力協定を結んだことが公式発表された。

これによって様々なスポーツプロジェクトを共同で立ち上げることが可能になり、日本人選手がスペインのサッカーを経験するチャンスも与えられるという。

発表によれば、3月28日から4月3日まで日本の選手がウエスカのトレーニング施設を訪れてキャンプを行う予定であるとのこと。

【関連記事】日本代表の順位がすごい!海外サイトが選ぶ「2022年最高ユニフォーム10着」

かつて岡崎慎司が所属し、さらに現在は橋本拳人がプレーしているウエスカ。これによって日本との関係が更に深まりそうだ。