久保建英が所属するレアル・ソシエダはラ・リーガで3位につけているが、勝点差4の4位で追うのがアトレティコ・マドリーだ。

そのアトレティコは20日に行われるホームゲームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

ただ、『Marca』によれば、この試合ではアウェイであるはずのビルバオ側が赤と白のホームユニフォームを着用するそう。1898年創設のビルバオが125周年を迎えることを讃えるものだとか。

実はこの両クラブは“兄弟”関係にある。アトレティコが1903年に創設された際、当初はビルバオのユース組織のような形だった。

今回、アトレティコは“兄”クラブへの敬意を払って、アウェイユニフォームを着用するという。

また、この日は両チームでプレーした選手や監督たちも招待されるほか、ファン同士の親睦会も行われる予定だそう。

【関連】「新学期に友達に自慢したい!サッカーにまつわるトリビアまとめ」

ちなみに、現役では現ビルバオのラウール・ガルシアが両チームでプレーしている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★