ラ・リーガ第22節、アトレティコ・マドリーはホームのアスレティック・ビルバオ戦に1-0で勝利した。

決勝ゴールを決めたのは、アントワーヌ・グリーズマン。

ビルバオ戦は通算30試合で14ゴールと非常に相性がよく、キャリアで最も多くのゴールを奪っている相手をまた餌食にした。

この試合ではホームのアトレティコがアウェイユニフォームを着用し、ビルバオ側が赤と白のホームユニフォームを着ている。

アトレティコは「今日はアスレティック・ビルバオの創設125周年に敬意を表する。我々は1903年にマドリッド在住のバスク人学生によってマドリッド支部として誕生した。このお祝いの一環として、アスレティック・クラブに赤と白のカラーを渡す」とその理由を説明している。

アトレティコとビルバオは親子・兄弟関係にあるクラブ。アトレティコは125周年記念の一環として、赤と白のホームユニフォームをビルバオに譲っていたというわけ。

【関連】アトレティコが選手を売らなかったら…夢の最強ベストイレブン

敗れたビルバオのエルネスト・バルベルデ監督は「アトレティコは常に走り回るのでそれに耐えなければいけない。そのプレッシングに耐える力がなかった。前半は我々のものだったが、後半にグリーズマンにやられてしまった」とアトレティコのしたたかな闘い方に脱帽していた。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら