不正会計問題でセリエAでの勝点を10剥奪され、7位に終わったユヴェントス。

来季はUEFAカンファレンスリーグに予選プレーオフから出場するはずだったが、同大会への出場を放棄したと報じられている。

『Corriere dello Sport』によれば、ユーヴェは2024-25シーズンにUEFAチャンピオンズリーグに出場するため、UEFAからの処分を受け入れる用意があるという。

ユーヴェはUEFAからファイナンシャル・フェアプレー違反で1年間のUEFAコンペティション失格処分を下される見込み。

【関連記事】ユーヴェも!エンブレムを「前のデザインに戻してほしい」9つのチーム

1年間だけの制裁処分はCAS(スポーツ仲裁裁判所)に控訴しないことが条件とされているようで、ユーヴェは来季のCL出場のためなら許容できる解決策だと考えているとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★