現在プレシーズンツアーのために北米を訪れているレアル・ソシエダ。2日夜にはメキシコのBBVAスタジアムでアトレティコ・マドリーとの試合を行った。

この試合はかなり暑い気候のなかで行われたこともあり、アトレティコ・マドリーが10本、レアル・ソシエダが7本という少ないシュート数を記録。

しかも終盤にはメンフィス・デパイがペナルティキックのチャンスを得るも、なんとチップキックをゴールキーパー正面に蹴ってしまい、むしろガッカリの結果に。

スタジアムには3万人を超えるファンが集まっていたものの、後半にはブーイングもあったと伝えられており、盛り上がりに欠けた…という報道もあった。

『Sport』や『mediotiempo』によれば、この試合についてレアル・ソシエダの久保建英は以下のように話していたとか。

久保建英

「中立のファンからブーイングを受けるのはあまり気分がいいものではないね。ファンを楽しませるために長い旅をしているから。

ただ、最後にそのようなブーイングを受けたことを除けばすべて順調だったよ。ファンは楽しんでくれたと思う。

結局のところツアーというものはファンの楽しみのために行われるものだからね。

とても暑かったけど、多くの選手が出場機会を得ることができたし、それがチームの競争力を高めてくれているよ」

【関連記事】これがレアル・ソシエダの伝説!「リーガ2位」になったスゴいスタメン覚えてる?

中立ファンからブーイングを受けるのはあまり気分が良いものではなかったそうだが、決してサッカーで楽しませられなかったわけではなく、暑いことで多くの選手がプレーできたことは良かった…と感じていたようだ。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★