PSGを退団してフリーになっていたセルヒオ・ラモスは、セビージャへの加入が正式決定した。

37歳になったレジェンドは、実に18年ぶりに古巣に復帰することになったのだ。

そのラモスは入団会見で謝罪する一幕があった。

「今日は自分にとって特別でエキサイティングな日だ。

ついにホームに帰ってきたし、このエンブレムを胸につけるのが楽しみ。

退団してから18年、自分は過ちを犯してきたと思う。

この場を借りて謝罪したい。当時の自分がしたであろう物事やジェスチャーに不快感を覚えたかもしれないセビジスタに許しを請いたい。

僕らはみんなで同じ船に乗っており、同じファミリーだと思う」

退団後にセビージャに対してしてきた過ちを謝罪していたようだ。

【関連記事】古巣に復帰して「大失敗」になった6名のスター選手

『AS』によれば、セビージャの副会長も「彼は復帰を熱望するカンテラ選手のようだった。彼は和解を望んでいた。彼が最初にしたことは、人生で誰もがしてきたように、過ちを犯したことを詫びることだった」と述べていたそう。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら