U-22日本代表は12日、U23アジアカップ2024予選でバーレーンと対戦し、0-0で引き分けたもののグループ1位で本選出場を決めた。

パリ五輪予選となるU23アジアカップの予選。日本のグループはバーレーンで集中開催されており、日本はここまでパキスタンに6-0、パレスチナに1-0と連勝で地元バーレーンとの試合を迎えた。

引き分け以上でグループ1位が確定する日本は、第2戦に続き大幅なターンオーバーを敢行。大岩剛監督はDF木村誠二を除く10名が第1戦と同じスタメンを送り出した。

試合は5-4のブロックを敷くバーレーンに対し、日本がボールを持ちながら隙を伺う展開。右の山田楓喜、左の斉藤光毅という両ウィングを中心に切り込むが、バーレーンGKの好守もあり前半はスコアレスに終わる。

後半も同様の展開が続き、選手を交代しながらたびたびゴールに迫ったものの最後の精度が足りず。ただ守備の集中力は最後まで途切れず、スコアレスドローでグループ1位を確定させた。

【関連記事】【インタビュー】U-22日本代表屈指の「現代型CB」!ジュビロ磐田、鈴木海音が語った“現在地”

U23アジアカップ2024本選は来年4月にカタールで開催される。

【厳選Qoly】三浦颯太が最新!川崎フロンターレ、全員日本代表の“裏番”「背番号13の系譜」

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら