日本サッカー協会(JFA)は1日、バーレーンで開催されるAFC U23アジアカップ予選に向けたU-22日本代表メンバー22名を発表した。

パリ五輪出場をかけたU23アジアカップの予選。日本のグループはバーレーンでの集中開催となる。招集メンバーは以下の通り。

GK:

12.小久保 玲央ブライアン(ベンフィカ/POR)
1.鈴木 彩艶(シント=トロイデン/BEL)
23.野澤 大志ブランドン (FC東京)

DF:

2.内野 貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/GER)
21.大畑 歩夢(浦和レッズ)
3.西尾 隆矢(セレッソ大阪)
5.木村 誠二(FC東京)
15.畑 大雅(湘南ベルマーレ)
4.鈴木 海音(ジュビロ磐田)
17.中野 伸哉(ガンバ大阪)
22.高井 幸大(川崎フロンターレ)

MF:

13.平河 悠(FC町田ゼルビア)
20.山田 楓喜(京都サンガF.C.)
6.川﨑 颯太(京都サンガF.C.)
18.斉藤 光毅(スパルタ・ロッテルダム/NED)
19.小田 裕太郎(ハーツ/SCO)
10.鈴木 唯人(ブレンビー/DEN)
7.山本 理仁(シント=トロイデン/BEL)
8.藤田 譲瑠チマ(シント=トロイデン/BEL)
14.三戸 舜介(アルビレックス新潟)
16.松木 玖生(FC東京)

FW:

9.藤尾 翔太(FC町田ゼルビア)
11.細谷 真大(柏レイソル)

ここまで欧州遠征などを戦ってきたメンバーに加え、今年U-20ワールドカップに出場した選手からキャプテンの松木玖生が久々招集。さらに、身長192cmの18歳DF高井幸大が大岩剛監督のチームに初招集された。

【関連記事】U-20日本代表、今年中に森保監督のA代表へ招集されても驚かない3名のタレント

U-22日本代表は、6日にパキスタン、9日にパレスチナ、12日にバーレーンと対戦。各グループの1位と2位の上位4チームが来年4月にカタールで開催されるU23アジアカップへと進む。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら