9日に行われた日本戦に1-4で惨敗したドイツ代表。ただ、20歳のMFフロリアン・ヴィルツは、フランス代表アントワーヌ・グリーズマンから「気に入った」と高評価を得ていた。

そのヴィルツは『FAZ』のインタビューで、幼少期についてこう話していたそう。

「毎日、サッカー場にいたよ。父さんや兄妹、友達と一緒にね。

学校にも小さなサッカー場があって、よく行ってたよ。休みの日にさえね。小さいチームでプレーできたからね。

練習がない日は、近所の人と通りでちょっと遊んだりもした。

僕は家にプレイステーションがない数少ないうちのひとりだった。

だから、いつも他のことをしなきゃいけなかったんだ。学校が休みの時でさえね。サッカーをするのが一番大好きだったよ」

プレステがない家庭だったので、外でサッカーをすることも多かったようだ。

【関連記事】みんながゲーム上でお世話になった「ウイイレ史上最強戦士たち」

なお、彼は大のバルセロナ好きだと公言している。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名