2024シーズンから新スタジアム「エディオンピースウイング広島」へ本拠地を移すサンフレッチェ広島。

1993年のJ初年度からホームとして使い続けてきた「エディオンスタジアム広島」(広島ビッグアーチ)は、今季限りでその役目を終える。

広島の本拠地としての最後の試合は、11月25日に開催される明治安田生命J1リーグ第33節 ガンバ大阪。この試合で広島が来場者に素敵なプレゼントを配布することが決定した。

その名も『最終戦観戦証明メモリアルチケット』だ。

特別な台紙とともに配られるそのチケットの表面には「LAST GAME 2023 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪」と刻まれ、本物のチケットのようにキリトリ線もデザイン。

そして裏面には「エディオンスタジアム広島とサンフレッチェ広島の物語」というタイトルとともに、記念すべき1993年のホーム開幕戦や2012年のJ1優勝の瞬間など、エディスタ広島での思い出が綴られている。涙腺が弱い人は崩壊するかもしれない。

チームとスタジアムの30年の歴史・歩みを締めくくるに相応しいアイテムだ。

【関連記事】サンフレッチェ広島の「歴代最高ユニフォーム」7着!“ACL”は世界レベルの名作デザイン

広島サポーターなら是が非でも入手したいであろうメモリアルチケットの配布は以下の通りとなる。

対象試合

明治安田生命J1リーグ第33節 ガンバ大阪戦

11月25日(土)14:00キックオフ

配布場所

各ゲート(ビジターゲート以外)

配布時間

11:30~

配布枚数

先着25,000枚

ガンバ大阪戦並びにメモリアルチケットの詳細については、サンフレッチェ広島の公式ウェブサイトまで。

今では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。“あの頃”を思いだす数々のユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★